スポンサーリンク

手作りスコーン、美味しく作る方法

料理
この記事は約55分で読めます。
スポンサーリンク

スコーンづくり

道具

  • ボウル(大きい方が良いです)
  • オーブンレンジ
  • めん棒
  • スケッパー
  • 丸型抜き:68mm・58mm
    • 型は無くても、コップや、空のトマト缶でもOK
    • 包丁で四角形にカットでもOK
  • 料理刷毛

材料(5~6個:300g程度)

  • 強力粉      :250g+分量外でこねるときに打ち粉でしよう20gもあればOK
  • ベーキングパウダー:8g
  • グラニュー糖   :20g
  • 塩        :2g
  • 無塩バター    :70g
    • 溶かさないので冷蔵の冷たい状態
    • カットタイプが便利
  • 牛乳       :110g=110ml+表面に塗る用10g=10ml
    • 代用で豆乳可能

調理方法

  1. バターを1cmくらいの厚さにカットが便利
    • 後で手で練りこむので、指でつぶせる大きさでOK
    • 力があれば、塊でもOK
    • 使うぎりぎりまで冷蔵保管
  2. ボウルに、強力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れてよく混ぜる
    • ふるいはどっちでも良いです
  3. 冷たいバターを入れる
    • 溶かすのではなく、冷たい状態で練りこむ
    • 手が熱い方は、水で冷やしてからやりましょう
    • イメージは、そぼろ状になるように混ぜこねていく
    • サラサラの状態が正解
  4. もう一度ボウルを冷蔵庫に入れて冷やす
    • 冷たくなれば再開
  5. 牛乳を入れて混ぜる
    • 手で混ぜない
    • スケッパーを使って手早く混ぜる
    • 水分がない状態まで混ぜる
  6. 混ざったら、手で少しこねて、塊にする
    • 小麦粉の種類で、べた付く感じだと、粉を追加する
    • こねるときに打ち粉するので、完璧に増やすことは不要
    • 粉過ぎたら、牛乳を5ml単位で足す
  1. 上記の塊を綿棒で、伸ばし練りする
    1. 奥方向に伸ばす
    2. 手前・奥を織り込んで3枚折にする
    3. 90度回転
    4. めん棒で伸ばす
    5. 上記を5回程度は繰り返す
  1. 最終的に、厚さ2cmで、型で最大限の量を取れる大きさにする
    • 型の場合:長方形で千鳥配置が良いと思います
      • 残りは練り直して、形を整える
    • 包丁でカット:5cm角に四角形カットでもOK
    • 適当なランダムの形でもOK
  2. 冷蔵庫で、型取り後、ラップして乾燥しないように冷やす
  3. オーブンレンジを200度で予熱
    • 天板は入れない
  4. 天板にクッキングシートを敷く
  5. 生地を並べる
    • 膨れるので、5cmくらいは離して焼きましょう
  6. 生地の表面(上部のみ)に牛乳を塗ります
    • ベタベタに塗らず、軽くぬればOK
    • 表面がこんがり焼けます
  7. 焼き時間は20分程度
  8. 使用するレンジの性能差があるので、焼き時間は、自身で調整してください

食べ方

焼き立てがもちろん美味しいですが、冷えても美味しいですよ

保管する場合は、ラップでくるんで、冷凍・冷蔵も可能

トースターで、加熱すれば美味しいです

トッピング

  • ジャム系
  • はちみつ
  • チョコレート系
  • 紅茶を併せて、午後ティータイム

以上、皆さんの役に立てばうれしいです。ありがとうございました。

料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がうをフォローする
スポンサーリンク
ガウメントの何でもチャレンジblog

コメント