スポンサーリンク

施設紹介・フロアマップ:THE OUTLETS KITAKYUSHU&イオンモール八幡東

施設・店舗紹介
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

最新のフロアマップ情報

THE OUTLETS KITAKYUSHU&イオンモール八幡東のHPはコチラ

THE OUTLETS KITAKYUSHU&イオンモール八幡東の場所

THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット 北九州)         :施設紹介・フロアマップ紹介

THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット 北九州)は、2022年4月に開業したアウトレットモールです

イオンモール八幡東とは隣接で、移動も簡単です

  • 施設名称   : THE OUTLETS KITAKYUSHU (ジ アウトレット北九州)
  • 所在地    : 〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番1号
  • HPアドレス : https://the-outlets-kitakyushu.aeonmall.com
  • 出店店舗数  : 約 170店舗
  • 敷地面積   : 約 270,000㎡
  • 延床面積   : 約 57,000㎡
  • 総賃貸面積  : 約 48,000㎡
  • 建物構造   : 鉄骨造 地上4階建
  • 駐車台数   : 約 4,500台(敷地外駐車場含む)
  • 駐輪台数   : 約 800台
  • グランドオープン日 : 2022年4月28日(木) 午前9時
  • 営業時間 :
    • 物販店舗   10:00~20:00
    • フードコート   10:00~21:00
    • レストラン    11:00~21:00
    • スペースLABO 10:00~18:00
    • KGG 10:00~18:00
    • ASOBLE 10:00~21:00
    • Gira Park HIGASHIDA 10:00~24:00
    • ※一部営業時間が異なる場合がございます。
  • 休業日 : 年中無休
出典:THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット 北九州) HPより

いいな~・役立ったと思ったら、適当に広告クリックして帰ってくださいな( ´艸`)

イオンモール八幡東:施設紹介・フロアマップ紹介

THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット 北九州)の開業に合わせて、リニューアル工事を行っております

AEONやトイザらス・ベビーザらス、無印良品、エディオン大型店舗のほか、スリーコインズプラスやカルディコーヒーファーム、ABC-MART/ABC-MART SPORTSなどファミリーに人気の専門店が集まるショッピングモール。グルメでは北九州市発祥の「資さんうどん」をはじめ、人気の26店舗が集合。約650席のフードコートには、小さなお子様連れでもご利用いただけるキッズスペースもご用意しています。イオン八幡東店は食料品から衣料品・雑貨まで揃う総合スーパー。辛子めんたいの「かば田」や、和洋菓子の「湖月堂」など北九州発祥の銘店も出店しています。THE OUTLETS KITAKYUSHUと連結ブリッジでつながっているので、相互でお買物がお楽しみいただけます

  • 施設名  :イオンモール八幡東
  • 所在地  :福岡県北九州市八幡東区東田3ー2ー102
  • 電話   :093ー663-7111(代表)
  • 専門店数 :約135店舗
  • 核店舗  :イオン八幡東店
  • 敷地面積 :約6万7000m2
  • 延床面積 :約8万4000m2
  • 総賃貸面積:約4万8000m2
  • 駐車台数 :約2000台
  • 営業時間 :
    • 専門店10時~21時
    • イオン八幡東店(2階食品売場)9時~22時
    • イオン八幡東店(3階衣料売場)9時~21時
      ※一部異なる店舗がある
  • 休業日:年中無休
  • HP    :https://www.aeon.jp/sc/yahatahigashi/

出典:イオンモール八幡東 HPより
出典:イオンモール八幡東 HPより
出典:イオンモール八幡東 HPより

近隣のおすすめスポット

いのちのたび博物館

地球誕生から現在まで、「いのちのたび」を体感する。

地球誕生から現在に至るまでの生命の歩みと人類の進化を学べる、西日本最大級の自然史・歴史博物館。ティラノサウルスやトリケラトプスをはじめとした恐竜の実物大骨格標本と対峙したり、太古の北九州を再現したジオラマに足を踏み入れたり、エンターテインメントと学習の融合を体験できます。発見と驚きに満ちた「いのちのたび」は、感動の連続です。

[TEL]093-681-1011
[住所]福岡県北九州市八幡東区東田二丁目4番1号
[営業時間]9:00~17:00(入館は16:30まで)
[定休日]年末年始、毎年6月下旬頃(害虫駆除)
[アクセス]※車のご利用の方
北九州都市高速『東田出入口』より車で約2分
[駐車場]普通車300台
※入館にはweb事前予約が必要です。
[Web]https://www.kmnh.jp/

スペースLABO(北九州市科学館)

スペースLABOで「フシギがれ!」

不思議と思う気持ちは科学の入口。一人一人が感じる「フシギ」の芽を大切に、その芽をさらに育んでいく体験・体感型の科学館。国内最大の大型竜巻発生装置をはじめ、不思議な科学現象を体験・体感できる展示の数々、さらには世界最高峰のプラネタリウムなど見どころ満載!

[TEL]093-671-4566
[住所]福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番1号
[営業時間]10:00~18:00
(金・土・祝前日はプラネタリウム夜間上映あり)
[定休日]年末年始
[アクセス]※車のご利用の方
北九州都市高速「枝光出入口」より車で約3分
[駐車場]THE OUTLETS KITAKYUSHU駐車場をご利用ください。
※入館にはweb事前予約が必要です。
[Web]https://www.kitakyushuspacelabo.jp/

北九州市 環境ミュージアム

環境問題を学び、SDGsのヒントを見つける。

かつて「ものづくりの街」として発展し、その代償に深刻な公害問題に直面した北九州市。市民・企業・大学・行政が一体となって公害を克服してきた歴史を振り返ると共に、今では「環境未来都市」として国内外から注目される北九州市の技術や取り組みも紹介。体験的に学ぶことで、環境を大切にする意識や未来につないでいくヒントを見つけることができます。

[TEL]093-663-6751
[住所]福岡県北九州市八幡東区東田二丁目2番6号
[営業時間]○常設展示 9:00~17:00(入館受付は16:30まで)
○情報ライブラリ・リユースコーナー 9:00~19:00(但し、土曜・日曜及び祝日は17:00まで)
[定休日]月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)、年末年始
[アクセス]※車のご利用の方
北九州都市高速『東田出入口』より車で約2分
北九州都市高速『枝光出入口』より車で約3分
[駐車場]普通車300台(いのちのたび博物館駐車場・有料)
[Web]https://eco-museum.com/

北九州市立美術館

近現代アートに満ちた、北九州市が誇る名建築。

1974年に開館した北九州市のランドマークのひとつで、設計は日本を代表する建築家・磯崎新によるもの。国内外の近現代美術を象徴するコレクションを目指し、ルノワール、ドガ、モネなどの印象派、バスキア、草間彌生などの現代アート、江戸から明治にかけての浮世絵など約7700点を収蔵。
建築デザイン鑑賞に、アート鑑賞に、日々多くの人が訪れています。

[TEL]093-882-7777
[住所]福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21番1号
[営業時間]9:30~17:30(入館は17:00まで)
[定休日]月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)、年末年始
[アクセス]※車のご利用の方
北九州都市高速『山路ランプ』から車で約8分
[駐車場]210台(無料)
[Web]https://www.kmma.jp/

東田第一高炉史跡広場

1901の数字を高々と掲げる製鐵のモニュメント。

今から120年以上前の1901年に操業を開始した東田第一高炉。現存する高炉は第10次改修高炉で、日本初の高圧高炉として建設されたものです。1972年の停止後は老朽化により解体も検討されましたが、保存を求める市民運動により遺され、市の文化財に指定されています。今でも高炉の中を見学することができ、意外と知らない「鉄造り」を体感することができます。

[TEL]093-582-2391(北九州市市民文化スポーツ局文化企画課)
[住所]福岡県北九州市八幡東区東田二丁目3番12号
[営業時間]9:00~17:00
[定休日]年末年始
[アクセス]※車のご利用の方
北九州都市高速『東田出入口』から車で約2分
北九州都市高速『枝光出入口』から車で約3分
[駐車場]普通車 300台(※隣接するいのちのたび博物館駐車場)
[Web]https://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/02100262.html
※東田第一高炉史跡広場(文化財公開施設)は、建物老朽化に伴い一部危険個所があるため、令和4年度末まで臨時休館となる見込みです。再度オープンする際には改めてお知らせします。

官営八幡製鐵所

関連施設日本の産業革命を達成した、官営製鐵所。

日本初の銑鋼一貫製鉄所として日本の近代化に貢献した官営八幡製鐵所。19世紀末に建設された旧本事務所・修繕工場・旧鍛冶工場は今も八幡の地に遺り、2015年に世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として認定されました。世紀を超えて受け継がれてきた北九州市が誇る産業景観を眺望スペースよりご覧いただき、日本の産業革命の歴史に想いを馳せてください。

[TEL]093-582-2922(北九州市企画調整局総務課)
[住所]福岡県北九州市八幡東区東田五丁目
[営業時間]9:00~17:00(入場は16:30まで)
[定休日]月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)、年末年始
[アクセス]※車のご利用の方
北九州都市高速『枝光出入口』から車で約2分
[駐車場]無料 普通車10台 大型バス5台
[Web]https://kitaq-whs.jp/

皿倉山ケーブルカー

山の中を走り抜け、日本屈指の絶景を目指す。

「100億ドルの夜景」と言われ「新日本三大夜景」にも選定された人気の観光スポット・皿倉山。山麓駅と山上駅を約6分で結ぶケーブルカーは、全長1,100mと西日本最長級を誇ります。ガラス張りの車窓からは山の風景も楽しめ、秋の紅葉も見どころのひとつです。さらにスロープカーに乗り継いで山頂に辿り着くと、眼前には季節・時間を問わず絶景が広がっています。
※ミクチャリは持込不可

[TEL]093-671-4761
[住所]福岡県北九州市八幡東区大字尾倉1481番地の1
[営業時間]※ケーブルカーの運行時間
4月-10月 10:00~22:00
11月-3月 10:00~20:00
[定休日]原則毎週火曜日(祝日・イベント開催日等除く)
[アクセス]THE OUTLETS KITAKYUSHU発、皿倉山ケーブルカー山麓駅行き無料シャトルバス運行中。詳細はこちら
[駐車場]有料 178台
[Web]http://www.sarakurayama-cablecar.co.jp/

皿倉山

県内外から多くの人が訪れる、北九州市が誇る夜景スポット。

2022年3月、「日本新三大夜景都市」に全国1位で認定された北九州市。
その夜景の美しい街を代表する夜景スポットが皿倉山です。
標高622mの山頂にある展望台からは、洞海湾沿いの工場群や若戸大橋など市内を一望でき、その大パノラマの夜景は圧巻です。

[TEL]093-671-4761(皿倉登山鉄道株式会社)
[住所]福岡県北九州市八幡東区大字尾倉1481番地の1
[営業時間]ケーブルカー・スロープカーの運行時間については、皿倉山ケーブルカー・スロープカーHPにてご確認ください
[定休日]【皿倉山ケーブルカー・スロープカー】毎週火曜日
[アクセス]皿倉山頂にはケーブルカー、スロープカーを乗り継いで約10分で登ることができます。詳しくは「皿倉山ケーブルカー」の情報をご覧ください。
[駐車場]皿倉山ケーブルカー 有料178台
[Web]北九州市の夜景 https://www.gururich-kitaq.com/night-view

ミクチャリ

おすすめエリアを観光するならシェアサイクルで♪

ミクチャリは電動アシスト付自転車を借りることのできるシェアサイクルサービスです。 HELLO CYCLINGのアプリからご利用いただけます。

ミクチャリ設置場所:スペースLABO横

▼まずはアプリをインストール
ダウンロードはこちらから[iPhone] 

ダウンロードはこちらから[android]

以上、皆さんの役に立てばうれしいです。ありがとうございました。

施設・店舗紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がうをフォローする
スポンサーリンク
ガウメントの何でもチャレンジblog

コメント