スポンサーリンク

リーンファイア(LeanFIRE)達成? 解説パート②

投資運用関係
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

前回の振り返り

パート①でFIREの簡単な解説を行いましたので、先に読んでいただけると幸いです。

リーンファイア(LeanFIRE)達成? 解説パート①
資産5000万円を貯めたので、リーンFIREを体験中です。どういった状態がFIREなのか解説。ご参考にどうぞ

現状の状態を把握、支出の確認

必要な収入を算出するために支出を算出します。

私の場合は、下記程度のイメージで、収入で変動する部分が多いですが、250万円くらいは支出する

必要な収入=FIRE目的ですので、配当所得などの不労所得

支出以上の配当金を得るために必要な金融資産を算出します。

支出が約250万円になりますが、配当金の平均をいくつに設定するかで達成できる配当金が変わります。

  1. 金融資産に対して「3%」の場合=金融資産:約8000万円
  2. 金融資産に対して「4%」の場合=金融資産:約6000万円
  3. 金融資産に対して「5%」の場合=金融資産:約5000万円

私の場合、税引き後で5%の配当金を得られれば、実質FIREは達成となります。

私の場合は、ストックオプションでは、5年以上の投資経験なのですが、証券口座立ち上げからは、1年程度になりますので、大きな買いを入れて値上がっている株を保有しておりませんので、実際は達成できていない状況ですので、資産を増やすため、キャピタルゲインを中心に増やしている段階です。少しづつ、高配当株を集めている状況です。

2021年9月に退職してから、株での収入は、2022年5月で450万円程度ですが、一時的に評価損が、1300万円を超える事態にもなりましたので、インデクス投資で、長期的な資産形成と副業レベルでの収入が安定していいかと思います。

足りない部分を補う補法の検討

支出に対して、資産が足りない場合や、遊興費=自由に使える金額をどのように補うのか

  1. 会社勤め:社会保険や、年金、年末の確定申告など、手軽にしたければOK。また固定賃金が入るのでそのまま遊興費に充てることができるので、sideFIREでは楽な部類です。私も働けば、楽になるのでどうしようかなというところです。
  2. 副業的な収入を目指す。
    1. ブログやユーチューブなどのストック型収入を得る
    2. ハンドメイドの販売
    3. せどりで、短期的に継続事業を行う→かなり稼げれば、委託も可能
      1. アマゾンせどり
      2. 楽天ポイントせどり
      3. 輸出入せどり
  3. 事業を立ち上げて稼ぐ、個人事業主・会社設立
  4. 社会保険料の見直しなどのために、マイクロ法人の設立
投資運用関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
がうをフォローする
スポンサーリンク
ガウメントの何でもチャレンジblog

コメント